カテゴリー別アーカイブ: 未分類

■ご来館の皆様へお知らせとお願い(新型コロナウイルス感染症対策)〈2020.7.1〉

屋久杉自然館では、新型コロナウイルス感染症につきまして、感染予防、拡散防止のため、下記のとおり対応させていただきます。ご理解とご協力をお願いいたします。

■屋久杉自然館の対応
・館の出入口及び館内各所に消毒液を設置
・館内設備の定期的な消毒及び換気
・スタッフのマスク着用と手指の消毒
・釣銭のトレイでの受け渡し
・館内混雑時の入館人数の制限
・館内ガイドサービスの人数の制限(事前予約制)

■お客様へのお願い
来館されるお客様におかれましても、感染拡大防止のため下記の事項にご協力いただきますようお願いいたします。
・発熱、風邪の症状がある方、また体調のすぐれないお客様はご来館をお控えください。
・入口に設置の消毒液で手指を消毒してご入館をお願いします。
・観覧にあたっては、マスクの持参・着用をお願いします。
・観覧中は、お客様同士の間隔を空けてご観覧ください。
・咳やくしゃみをする際には、マスクの着用や、ティッシュ、ハンカチなどで口と鼻を覆う「咳エチケット」にご協力ください。

■写真コンテスト中止のお知らせ〈2020.5.10〉

このたびの新型コロナウィルス感染症に羅患された皆様と感染症拡大により生活に影響を受けられている皆様に心よりお見舞いを申し上げます。

新型コロナウィルス感染症が拡大している状況を受け、参加者および関係者の健康と安全を最優先に考慮しまして2020年度の写真コンテストの開催を中止させていただくことになりました。

今年も開催を楽しみにお待ちいただいていた皆様には、大変残念なお知らせとなり、ご迷惑をお掛け致しますこと深くお詫び申し上げますとともに、ご理解賜りますようお願い申し上げます。

■間もなく終了!!『冬のハンドクラフト体験』〈2020.2.22〉※終了しました

この冬も、ご家族連れやお友達同士などたくさんの方々に、屋久杉自然館winterキャンペーン『冬のハンドクラフト』を楽しんでいただいております。

グループでのご参加は1階ギャラリーも開放します

 

細かいところも丁寧にけずります

完成~♪

 

 

 

 

 

 

 

 

『冬のハンドクラフト』は2/29(土)までとなっております。
まだ体験していない方、もう一度作ってみたい方、
行ってみたいけど迷っている・・・という方もおひとりでもお気軽にご参加いただけます♪
この機会にぜひ足をお運びください。

 

♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦
『冬のハンドクラフト』
●期間:2020年2月29日(土)まで
●場所:屋久杉自然館(本館内)
●料金:一つ500円(体験時間目安30分)
●申し込み:随時受付。小学生以下は保護者同伴。5名様以上の場合は事前にご連絡ください。
♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦

■あと7回!!夏のクラフト教室 〈2019.8.9〉

夏クラフト教室の詳細はこちらから!

先月から始まった夏のクラフト体験教室!!
家族へのお土産や思い出作りに、皆さん楽しそうにクラフト体験を行っていました。

 

 

 

今年の開催日は、

10(土)・14(水)・17日(土)・21日(水)・24日(土)・28(水)・31日(土)

の残り7回となりました。また開催日以外に体験をご希望される方は、対応できる場合もありますのでご相談ください(℡0997-46-3113)

 

クラフトの後は屋久杉自然館本館にもぜひお立ち寄りください♪

いのちの枝を囲む子どもたち

■森と自然のスタンプラリー2019開催中!〈2019.7.26〉

今年も夏の期間限定イベント「自然のスタンプラリー」開催しています!
屋久島レクリエーションの森(ヤクスギランドまたは白谷雲水峡)のスタンプと
屋久杉自然館あるスタンプを集めて、オリジナル景品をGETしよう!

イベントは9月30日(月)まで行っています。
皆さまお気軽にご参加ください♪

 

スタンプの組み合わせは2通り!

 

*スタンプ設置場所*
◆屋久杉自然館 本館2階(ご入館が必要です)
◆ヤクスギランド 森泉1階         .
◆白谷雲水峡 受付横休憩所        .

 

【ヤクスギランド】屋久杉をはじめ巨木の森を堪能できます。興味や体力に合わせて4つのコースを楽しめます。

【白谷雲水峡】照葉樹林と屋久杉からなる苔と渓谷が美しい自然林です。1時間から4時間コースが楽しめます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コース内容については屋久島レクリエーションの森保護管理協議会HPをご覧ください。

■夏のクラフト教室を開催します!〈2019.7.19〉

毎年好評の夏のクラフト教室を開催します!
夏休みの課題にもオススメです。友達や家族と一緒にものづくりに挑戦してみよう!

 

Aコース(ロボ貯金箱)【毎週水曜日・土曜日 10:30~】

 

●時間   10:30~(所要時間60分)
●参加費  1つ 1800円
●対象   小学生以下は保護者同伴
●定員   10名(先着順)
※申し込みは、本館受付または電話でご予約ください。

 

Bコース(ストラップ・キーホルダー、バターナイフなど)【毎週水曜日・土曜日 14:00~】

 

●時間   14:00~(所要時間30分)
●参加費  1つ 500円
●対象   小学生以下は保護者同伴
●定員   10名(先着順)
※申し込みは、本館受付または電話でご予約ください。

 

Cコース(森の時計)【毎週水曜日・土曜日 15:00~】

時間   15:00~(所要時間60分)
●参加費  1つ 2000円
●対象   小学生以下は保護者同伴
●定員   10名(先着順)
※申し込みは、本館受付または電話でご予約ください。

 

 

7月の開催

⇒20日(土)・24日(水)・27日(土)・31日(水)

8月の開催

⇒3日(土)・7日(水)・10日(土)・14日(水)・17日(土)・
21日(水)・24日(土)・28(水)・31日(土)

 

グループでの参加の場合は、個別の対応も可能ですのでお問合せください。
申し込みはお一人からでも受け付けています。ぜひお気軽にご参加ください。

 

 

■ただいま開催中!屋久杉自然館開館30周年記念特別展〈2019.4.20〉


屋久杉自然館は「高い文化性と能力が観光の核となり得るとの認識を持って、地域の博物館として屋久杉を軸に人と自然のかかわりを明らかにし、共生の島といわれる屋久島の価値を世に問う」ことを目指し、平成と共に歩んで、今年開館30周年を迎えます。
「平成」という時代を見つめる一つの節目に、開館から30年の間に積み重ねてきた学芸活動の集大成として「大屋久杉展-屋久島 森と人のあゆみ-」を開催しています。
信仰の対象から生産、そして観光や学習の場として変化していった屋久杉の森を貴重な写真や資料とともに振り返ります。

◆屋久島の森と屋久杉◆
コーナーの内容・・・植物の垂直分布、屋久杉、小杉、土埋木、地杉とは? など

◆屋久杉利用の歴史◆
コーナーの内容・・・屋久杉の「伐採の始まり」から「現在の屋久杉利用と地杉の活用」までを年表をまじえてご紹介!

ほかにも◆現在の林業と地杉の活用◆小杉谷・石塚の半世紀◆土埋木と屋久杉工芸◆など屋久杉利用の歴史を通じて、森と人の歩みをわかりやすく紹介しています。ゴールデンウィークはぜひ当館へお越しください。

 

【主催】屋久島町屋久杉自然館
【開催場所】屋久杉自然館1階ギャラリー
【開催期間】2019年4月6日~2020年3月31日

■特別展入れ替えのお知らせ〈2019.2.25〉

平成30年屋久杉自然館特別展『飛べ!トべ!とびうお展』は3月24日をもちまして開催終了となります。
屋久島の特産品であるトビウオの生態や漁法の変遷、地元ならではの美味しい食べ方や島に伝わる風習など、さまざまな角度からトビウオを紹介してきました。
大漁旗や漁具、トビウオ漁の雰囲気が体験できる顔出しパネルなど、この機会にぜひご覧ください。

なお、4月6日より屋久杉自然館開館30周年記念特別展として『森と人の歴史~大屋久杉展~(仮)』の開催を予定しています。皆さまのご来館をお待ちしております。

■『削って香る屋久杉』コーナー、リニューアル中!〈2019.1.8〉

人気の体験コーナー『削って香る屋久杉』をリニューアルしています!
屋久杉の材は、長い間空気に触れると表面の樹脂のいい香りが徐々に抜けてしまいます。
紙やすりで削ったとき、より香りが楽しめるように現在急ピッチで準備を進めています。

まず表面から数センチ内側まで削り落とし、樹脂分が多く残っているか確認します。香るかな?

屋久杉は樹脂分が多く、普通のスギの6倍以上も含まれています。色の濃い部分が出てきました。
特に黒っぽいところ、湿っぽいところが樹脂の多い部分です。いい香り!

仕上げに、表面全体をなめらかにします。
「削って香る」に加え、試作コーナー「こすると香る+光る?!」体験も考案中です。
お楽しみに!

■あけましておめでとうございます〈2019.1.2〉

本日1月2日より開館しております。
開館時間は通常通り、9:00~17:00(入館は16:30まで)となっております。

玄関口には、しめ縄と竹や松など材料集めから用意をした手作りの門松、
館内には、ちょうどユリの花が見ごろになった生け花を飾り、皆さまをお迎えしています。

本年も皆さまのお越しをお待ちしております。
どうぞよろしくお願い申し上げます。