カテゴリー別アーカイブ: 未分類

■【作品募集中】第14回あなたが選ぶ屋久島・口永良部島写真コンテスト2024〈2024.05.01〉

今年で14回目となる写真コンテストを開催します。「屋久島と口永良部島の自然、人、暮らし」をテーマに撮影した写真を募集しています。日本国内に住所を有する方であれば、どなたでも参加することができます。また、電子メールでの応募も可能です。自然館に来館されたお客様の投票で入賞作品が決まります。詳細につきましては、下の画像をクリックしてご確認ください。みなさまのご応募をお待ちしております。

■第13回 あなたが選ぶ屋久島・口永良部島写真コンテストのカレンダー販売終了のお知らせ〈2024.04.01〉

4月1日をもちまして、『第13回 あなたが選ぶ屋久島・口永良部島写真コンテスト2023』の入賞作品で作成した当館オリジナルカレンダーの販売を終了しました。ご購入いただいた皆さま、誠にありがとうございました。

今年度も写真コンテストを開催予定です。お楽しみに♪

■『やくしまフォレストデイ』開催のお知らせ〈2024.02.13〉※終了しました

2月18日(日)に世界遺産センター・屋久島環境文化研修センター・屋久杉自然館の合同イベント『やくしまフォレストデイ~「森と人がつながっている」を実感する1日~In7000年の森』を開催します。「森と人との関わり」をテーマに3つの施設内で1日限定の様々な体験イベントを行います。

自然館では、『屋久杉クラフト体験』と『めざせ!自然館マイスター』を体験することができます。

時間 場所 定員
屋久杉クラフト体験 午前の部(10:30~11:30)
午後の部(13:00~14:00)
自然館別館 研修室

各回15名
めざせ!自然館マイスター 9:00~16:00 自然館本館 なし(参加賞は先着100名まで)

屋久杉クラフト体験は、屋久杉の木片を削って世界に一つだけのオリジナルキーホルダーやストラップを作ります。
めざせ!自然館マイスターは、屋久杉や屋久島の森に関するクイズの答えを屋久杉自然館の中で探検しながら見つけてもらいます。参加者には自然館オリジナル地杉コースターを先着100名の方にプレゼントします。
屋久島環境文化財団マスコットのまるりんが屋久杉自然館に遊びにきてくれるかも?!

また、沖縄島北部・西表島クローズアップ展も現在開催中です。イリオモテヤマネコのはく製などの展示は今月までとなりますので、こちらも併せてご覧ください。
皆さまのご参加をお待ちしております。

■開催日:令和6年2月18日(日)
■場所:屋久島環境文化研修センター、世界遺産センター、屋久杉自然館、7000年の森エリア
■参加費:ひとり100円(保険料等含む)
■対象:どなたでも
■申込方法:当日受付(屋久島環境文化研修センターエントランス内)※注:屋久杉自然館での受付はできません
■駐車場:荒川登山バスシャトルバス乗り場をご利用ください。
■問合せ:公益財団法人 屋久島環境文化研修センター TEL:0997-46-2900

■特別展「列島縦断!日本の世界自然遺産ものがたり」沖縄島北部・西表島クローズアップ展(2/29まで)開催中〈2024.01.26〉※終了しました

クローズアップ展の最後は沖縄島北部と西表島を紹介しています。

豊かな亜熱帯性照葉樹林が広がる森には、沖縄島北部や西表島でしか見ることができない希少な野生生物たちが生息しています。

今回のクローズアップ展ではこのような野生生物の紹介をはじめ、世界自然遺産に登録されたことで観光客が増加し、自然環境や住民生活への影響が出始めているといった問題の解決に向けて地域で行っている適切な観光管理や環境保全の取り組みなどを紹介しています。

また、西表自然保護官事務所からイリオモテヤマネコのはく製や八重山諸島に生息するカエル類の模型、貴重な映像をお借りして展示を行っています。

細部まで観察できるイリオモテヤマネコのはく製は必見です!皆さまのご来館をお待ちしております。

■冬のハンドクラフト開催中、2月28日(水)まで!〈2024.1.26〉※終了しました

12月2日(土)にスタートした「冬のハンドクラフト」。

現在までに70名以上、大人からお子様まで幅広い年代の方が体験されています♪

 

体験できるのは「ジャムスプーン」、「寄木マグネット」、「はしおき」です。

全て屋久島の樹木が使われています。料金や作り方など、詳細はこちらをご覧ください↓

http://yakusugi-museum.com/information/?p=6168

 

旅行の思い出やお土産などにいかがでしょうか?

開催期間は2月28日 (水) までの水・土・日曜日です。

予約なしで体験できますが、同時間の受付は6~8名までです。

混雑時はお待ちいただく場合もございますので、ご了承ください。

皆さまのご参加をお待ちしております!

■特別展「列島縦断!日本の世界自然遺産ものがたり」沖縄島北部・西表島 講演会のお知らせ〈2024.01.26〉※終了しました

マングローブ林や低湿地帯、亜熱帯樹林などの多様な自然環境を有し、イリオモテヤマネコ、ヤエヤマセマルハコガメ、サガリバナ、ナリヤランなどの生物多様性の宝庫である西表島。

今回は西表島で野生生物の保護活動に取り組む村田 行(むらた すすむ)氏に、イリオモテヤマネコをはじめとする野生動植物の写真を見ながら西表島の豊かな自然を紹介していただきます。

詳細は下記の通りです。皆さまのご参加をお待ちしております。


◆講師:村田 行氏(NPO法人トラ・ゾウ保護基金(JTEF)/やまねこパトロール マネージャー/竹富町観光案内人/環境省 鳥獣保護監視員)
◆日時:令和6年2月7日(水)受付 18:30 開始 19:00
◆場所:屋久島町屋久杉自然館
◆対象者:町民どなたでも
◆申込み:事前申込み不要
◆そのほか:参加費無料
◆問い合わせ:屋久島世界遺産センター TEL:0997-46-2992

■特別展「列島縦断!日本の世界自然遺産ものがたり」知床 講演会のお知らせ〈2023.12.10〉※終了しました

特別展のクローズアップ展示『知床』の講演会を開催します。

知床半島は標高1000メートルを超える高山から水深2000メートルを超える深海まで多種多様な地形があり冬期には流氷が到来します。この多様な地形と気象が豊かな知床の生態系を育んでおります。

今回は、鳥類(特に海鳥)の調査や保護活動と調査中に遭遇する海獣について講演していただきます。

詳細は下記の通りです。皆様のご来館をお待ちしております。

◆講師:福田 佳弘氏(知床ウトロ海域環境保全協議会事務局長 / 知床海鳥研究会代表)

◆内容:知床の多様な鳥類+海獣

◆日時:令和6年1月10日(水)受付18:30 開始19:00

◆場所:屋久島町屋久杉自然館

◆対象者:町民どなたでも

◆申込み:事前申込み不要

◆そのほか:参加費無料

◆問い合わせ:屋久島世界遺産センター TEL:0997-46-2992

■冬のハンドクラフト開催中!〈2023.12.10〉※終了しました

現在、冬のハンドクラフトを開催中です!

定番の「ジャムスプーン」をはじめ、冬季限定の「はしおき」と「寄木マグネット」をご用意しています。

”今日は何をしようか” ”どこへ行こうか迷っている”
そんな時に30分でできる冬のモノづくりはいかがでしょうか?
期間中は予約なしで体験できます。ご家族やご友人、お一人からでもご参加いただけます。

【ジャムスプーン】所要時間:30分

★作り方★

1 粗目のやすりで好きな形にととのえる
2 細かいやすりで表面をみがく

屋久島の地杉を使ったジャムスプーン。ほのかな杉の香りで、森の食事会気分になるかもしれません。

 

【はしおき】2個セット 所要時間:30分

★作り方★

1 粗目のやすりで形をととのえる
2 細かいやすりで表面をみがく
3 1と2に戻り、もう一つ作る

屋久島のいろいろな木を組み合わせたはしおき。おはしだけではなく、スプーンなども置くことができます。

  【寄木マグネット】どちらか一つ 所要時間:30分

★作り方★

1 粗目のやすりで形をととのえる
  ※磁石をけずらないように注意する
2 細かいやすりで表面をみがく

屋久島のいろいろな木を組み合わせたマグネット。木の温かみを感じられ、お知らせやメモを貼る時にちょうどいいサイズ(直径約4cm)です。

●期間:2023年12月2日(土)~2024年2月28日(水)までの水・土・日曜日限定開催
(年末年始の休館日を除く)
●場所:屋久杉自然館 本館内
●料金:一つ500円
●時間:9:00~16:30(受付は16:00まで)

★小学生以下は保護者同伴でお願いします。
★同時間の受付は6~8名まで。
★予約は不要ですが、混雑時はお待ちいただく場合がございます。ご了承ください。

皆様のご来館をお待ちしております♪

■屋久島世界自然遺産登録30周年記念日 記念品プレゼントについて〈2023.12.06〉※終了しました

1993年12月11日に屋久島は日本で初めて世界自然遺産に登録され、今年で30周年の節目を迎えます。

屋久島世界自然遺産登録30周年の登録日を記念して12月11日(月)にご来館いただいた有料入館のお客様へ「屋久杉ネームタグ」を先着30名様にプレゼントいたします!

皆様のご来館をお待ちしております。

 

 

■列島縦断!日本の世界自然遺産ものがたり 知床クローズアップ展開催中!〈2023.12.06〉※終了しました

知床のクローズアップ展が12月1日(金)~ 1月19日(金)の期間で開催しています。

国内で3か所目に世界自然遺産に登録された知床は、日本で初めて海域まで遺産地域に含まれました。海、川、陸にわたり、生き物が密接に影響しあって豊かな生態系を形づくっています。一方で、人との距離が近くなりすぎた野生動物や、地域産業のひとつである漁業と生態系保全の両立などといった問題も抱えています。

 

今回の展示では、このような問題に対して行っている取り組みや、知床に生きる動植物の紹介をしています。

 

また、現地から実物資料や写真をお借りして、知床の生き物たちの暮らしや人とのつながりを感じられる展示になっていますので、ぜひご覧ください。

皆さまのご来館をお待ちしております。

 

こちらのオオワシ・オジロワシのぬいぐるみ(資料提供:ウトロ自然保護官事務所)は12月下旬までの展示となります。翼を広げたらどのくらいの大きさになるのかを体感することができます。

 

こちらは知床の地図で、手描きならではの暖かみを感じることができます。知床はどんな場所なのか、旅行気分をぜひ味わってください♪