作成者別アーカイブ: araki

■平成30年屋久杉自然館特別展「飛べ!トベ!とびうお展」スタート 〈2018.4.29〉

屋久杉自然館では、平成27年開催の「焼酎~水の恵み~展」に継ぐ、地域産業連携企画の第2弾として、屋久島の海の恵み“トビウオ”をテーマに「飛べ!トベ!とびうお展」を開催しています。
屋久島沖は黒潮にのって回遊するトビウオの通り道となっており、1年中さまざまな種類のトビウオが漁獲されています。その漁獲量は日本一を誇り、屋久島の特産品としてもなくてはならない存在です。
トビウオの生態や漁法の変遷、地元ならではの美味しい食べ方や島に伝わる風習などさまざまな角度からトビウオを紹介しています。

◆トビウオとは◆
コーナーの内容・・・屋久島で漁獲されるトビウオの種類や栄養価など

◆トビウオ漁の歴史◆
コーナーの内容・・・屋久島でトビウオ漁が始まったのはいつ?昔と今で漁法はどう変わったの?漁の映像や実際に使っている網の展示など

◆食す!トビウオ◆
コーナーの内容・・・トビウオのおいしい食べ方を写真とともに紹介

そのほか、「トビウオ漁師にたずねる」、「くらしの中のトビウオ」など、漁師さんの思いや漁の1日の流れ、トビウオとともにある人々のくらしを紹介しています。
本展示の開催にあたり、トビウオ漁師の皆さま、島内飲食店の皆さまには多くのご協力をいただきました。そして写真提供などご協力くださったすべての皆さまにこの場を借りて御礼申し上げます。

また、「飛べ!トベ!とびうお展」開催を記念して新商品「海の時計」と数量限定の「トビウオ箸置き」も販売しています。
皆さま、ゴールデンウィークはぜひ屋久杉自然館にお越しください。

【主催】屋久島町立屋久杉自然館
【協力機関】屋久島森林生態系保全センター、鹿児島県水産技術開発センター、鹿児島県熊毛支庁林務水産課、鹿児島県熊毛支庁屋久島事務所農林普及課、屋久島町歴史民俗資料館、屋久島漁業協同組合、一湊区、春牧区、種子屋久高速船株式会社、南日本新聞社、MBC南日本放送(順不同)
【開催場所】屋久杉自然館1階ギャラリー
【開催期間】平成30年4月28日~平成31年3月

■夏のスタンプラリー開催中<2017.7.28>

タイトル
スタンプ

今年も夏の期間限定「森と自然のスタンプラリー」を実施しています!
ヤクスギランド・白谷雲水峡のどちらかのスタンプと、屋久杉自然館に入館して
スタンプを集めると、一人一回、オリジナルの景品がもらえます。

景品の受け渡しは、9月30日まで各スタンプ設置場所で行っています。
皆さまお気軽にご参加ください♪

スタンプルート

スタンプ設置場所
◆屋久杉自然館 本館2階
◆ヤクスギランド 森泉1階
◆白谷雲水峡 受付横休憩所